スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.09.07 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

育毛シャンプーの効果!似たような成分配合なのに、頭皮との相性もある感じ!

JUGEMテーマ:ヘアケア


頭皮環境を整える効果が期待できる育毛シャンプー!どれも、似たような成分を配合している割には、人それぞれ効果が異なったり、頭皮との相性みたいなものも感じます。一般的な頭皮ケア 育毛シャンプー女性 抜け毛予防シャンプー、男女兼用の抜け毛 予防 シャンプー女性 育毛シャンプーなどには、だいたい必ず配合されている成分がありますね!例えば、グリチルリチン酸ジカリウム(別名:グリチルリチン酸2K)(抗炎症や抗アレルギー作用)、アロエベラエキス-1(保湿や消炎効果)、ダイズエキス(保湿効果)などは、よくみる成分です。育毛シャンプーは、どれも似たような成分を配合していても、各人の頭皮環境の状態が異なるためか、その効果も異なってきます。中には、痒みが取れなかったりと、頭皮との相性みたいなものも感じることがあります。管理人も何回か育毛シャンプーを変えていますからね!この辺が育毛シャンプーの一番の不思議さといえます。やはり気長に使うことがいいのかもしれませんね!

シャンプーの種類に違いで効果も違うの?

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策


シャンプーはほとんどの人が毎日するわけですが、頭皮にやさしいかどうかは非常の重要な問題です。
薄毛を気にし始めた人ならば特に注意しなければなりません。
市販されているシャンプーでも育毛シャンプーということを謳い文句にしているものもあります。


育毛について真剣に考えるのであれば、育毛剤よりも育毛シャンプーのことを考えましょう。
育毛に効果のあるシャンプーを使わなければ育毛剤の効果が半減してしまうのです。
育毛に効果のあるシャンプーとはどのようなものでしょうか。
まず、シャンプーとは体を洗う石鹸のようなものですが、通常と違うのは髪の毛があるからです。


石鹸シャンプーというものがあり、育毛にはよいとされていますが、シャンプーとしてはあまりよくありません。
それは石鹸がアルカリ性であるためです。
アルカリ性のため、髪の毛の表面がぎしぎしとなってしまうのです。
艶やかな髪といったものとは程遠くなってしまうのです。
ですから、一般に販売されているシャンプーは石鹸シャンプーではなく、高級アルコール系シャンプーと呼ばれています。


高級アルコールは洗浄力が強く泡立ちもありますから、髪の毛をいたわるという意味では効果があります。


[PickUp]有料老人ホームの資料請求ならケアプロデュース!
ケアプロデュース!老人ホーム・介護施設【資料請求】
ケアプロデュース!有料老人ホーム・グループホーム
有料老人ホームの資料請求!ケアプロデュース
資料請求【ケアプロデュース】有料老人ホーム
ケアプロデュース【資料請求】有料老人ホーム


しかし、頭皮に対しては刺激が強すぎるのです。
薄毛で悩んでいる人にとってはその刺激は致命的とも言えるのです。
肌の弱い人が塗り薬などで炎症を起こしてしまうのと同じことです。
これには個人差がありますから、どのようなシャンプーを使用するかは人それぞれなのです。


頭皮が弱っているなら育毛シャンプーを使ってみよう!

JUGEMテーマ:育毛

 
育毛シャンプーと通常のシャンプーはどのように違うのでしょうか。
その前に育毛とシャンプーがどのように関係しているかを知ることが大事です。
育毛を考えるということは薄毛になってきたとかいう悩みがあるということでしょうが、それまでの髪の手入れといったことに間違ったことはなかったのでしょうか。
間違ったシャンプーのやり方をやっていたために薄毛になってきたのではないでしょうか。


シャンプーというのは頭皮と髪の毛に直接当たりますから、その成分によって大きく影響を受けてしまいます。
頭皮にとって刺激が強すぎれば、炎症などを起こしてしまうのです。
炎症によって薄毛が進行するということは、よくあることなのです。
薄毛の対策として育毛剤などを検討する人はいますが、なかなか効果が見られないという時にはシャンプーのやり方が不適切である場合が多いのです。
シャンプーのやり方と使用しているシャンプーに問題があるのです。
育毛シャンプーと呼ばれる商品は頭皮に必要以上の刺激を与えないように成分を作っています。


[PickUp]人気の柿渋石鹸!女性が喜ぶ美容成分配合の柿渋石鹸ならコレ!
女性の柿渋石鹸!口コミ・評判
柿渋石鹸の効果!加齢臭・体臭対策
柿渋石鹸(加齢臭対策)の体験談と感想
柿渋石鹸(体臭・加齢臭対策)の評判・評価
柿渋石鹸で加齢臭対策!評判・効果


通常のシャンプーでは頭皮が弱っている人には刺激が強すぎるのです。
洗浄力と刺激の強さは相反していますので、育毛シャンプーでは洗浄力をある程度犠牲にして刺激を弱くしているのです。
また、いい香りや滑らかさを出すような成分も含まれていませんから、リンスなどで補う必要があります。
石鹸シャンプーでは刺激は少ないのですが、アルカリ性であるために髪がごわごわした感じになってしまいます。


育毛シャンプーを成分で選ぶならアミノ酸系のシャンプーがいいね!

JUGEMテーマ:育毛

 
育毛を考える上ではシャンプー剤をどうするかということが非常に重要です。
育毛シャンプーという分類での商品はありませんが、育毛によいシャンプーという観点から商品を選択しましょう。
一般的には育毛シャンプーとしては、アミノ酸系シャンプーがよいといわれています。
その理由を考えてみましょう。


まず、育毛にいいとは頭皮に余分な刺激を与えないということです。
刺激を与えずに汚れを落とすということが理想ですが、それは相反する機能ですから、どちらを優先するかということになるのです。


育毛を考えるのであれば、汚れを落とす能力が少し劣っても刺激を与えないという方を優先しなければなりません。
そのような観点からアミノ酸系シャンプーが育毛シャンプーとしてよいといわれる理由なのです。
市販されているシャンプーの中でどれが該当するのかといいますと、成分を細かく見てみる必要があります。


アミノ酸系シャンプーの成分表示としては、グリシン、メチルアラニン、グルタミン酸、メチルタウリンといったものが表示されているはずです。
その他にもいろいろありますから、注意してみないとわからないのです。
アミノ酸系シャンプーは洗浄力が劣るので、油質の髪の人にはお勧めできません。
髪の毛がべたつく感じになるからです。


[PickUp]髪の毛の悩みにアートネイチャー無料ヘアチェック!200倍のマイクロスクープで頭皮をチェック!
アートネイチャー(無料ヘアチェック)の評判や口コミ
アートネイチャー(無料ヘアチェック)の体験談や感想
アートネイチャー(無料ヘアチェック)の噂や評判


いずれにしても、自分の髪質、頭皮の状態、頭皮の性質といったものが関連しますから、一般論をいっても意味がありません。
自分に合ったものを試行錯誤して選択するしかないのです。


育毛ケアには育毛剤だけでなく育毛シャンプーも活用!

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策


育毛シャンプーを考える時には、育毛シャンプーとい商品名ではなくその成分を考えていく必要があります。
その成分によってシャンプーは分けられます。
高級アルコール系が一番悪く、石鹸シャンプー、アミノ酸系シャンプーの順によくなっていきます。
高級アルコール系のシャンプーが悪い理由を知っておきましょう。
育毛に悪いということをわかりやすく言いますと、頭皮に対する刺激が強いということです。


また、湿疹などの原因になりやすい成分が悪いと考えられます。
高級アルコール系に含まれる「ラウリル硫酸ナトリウム」というものが、肌への刺激が強いのです。
これは泡立ちをよくするものですが、脂分の分解能力が高いため湿疹などを起こすことがあるのです。
つまり、肌が弱い人であればこのようなシャンプーを使用すると頭皮が痛めつけられてしまい、薄毛の原因となってしまうということなのです。
に多様な成分に「ラウレス硫酸ナトリウム」というものもありますが、「ラウリル硫酸ナトリウム」より刺激が少ないという程度ですので、基本的には同じものと考えるべきでしょう。




[PickUp]育毛サプリメントでは高評価なHatto!口コミで評判の飲む育毛剤!
Hatto(育毛サプリメント)効果・体験談
Hatto(育毛サプリメント)評判・感想
Hatto(育毛サプリメント)口コミ・評判


これらの成分は、一般の人が使う分には何の問題もありません。
強い洗浄力を持ちますから、脂ぎったような髪を持っている人にはお勧めです。
育毛の観点からは適していないということなのです。
それから、石鹸シャンプーですが、洗浄力は強く頭皮へ与える刺激が弱いという特徴を持っています。
しかしアルカリ性であるため、髪の毛がごわごわになってしまいます。
髪の手入れの面からは使いにくいでしょう。



育毛シャンプー

薄毛・抜け毛予防に効果のある育毛シャンプーならコレ!
薄毛・抜け毛予防
ダメージヘア修復
ボリュームダウン
ハリ・コシ
ノンシリコン・低刺激
無添加
頭皮ケアなど!

selected entries

categories

リンク

archives

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

sponsored links